来年のカレンダー ~Carl Larsson カール・ラーション~

好きな画家は?と、問われたら
スェーデンの画家、カール・ラーション と答えます。
彼は絵の題材に自分の家族を多く書いていてどれもとても暖かいんです。
画集が欲しいなあと思ってるんですがどこも在庫切ればかりです。

Amazonで来年のカレンダーを買うことが出来ました。
e0063270_2017292.jpg

Printed in Germany、って裏面に記載されていて月を表す言葉も3ヶ国語。

英語が筆頭じゃないところがミソ?左右はどこの言葉ですか?
e0063270_2021689.jpg

暦の中の絵は取り外せるようになってます。
取り外すとポストカードになっています。もったいなくて出せません。
e0063270_20252572.jpg


もしもスェーデンに飛んでいけたら原画が見られるんでしょうかね。
夢の又ゆめ・・・です。(^^)。。。
[PR]
トラックバックURL : http://kindredspi.exblog.jp/tb/1214448
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by cawa-miu at 2005-10-03 02:35
スウェーデンの画家なのですね、ほのぼのとして、暖かい絵ですね。
左はドイツ語ですが、右側はなんでしょうねぇー、少なくともフィンランド語で無いことはわかるけど(苦笑)。

もう10月になってしまったー、今年もあと3ヶ月かぁ。
Commented by nikukyu-u at 2005-10-03 12:42
カール・ラーションさん
季節の中の家族の日常が生き生きと描かれていて温かい絵ですね。
Commented by at 2005-10-03 16:02 x
右はフランス語じゃないっすかね。
Commented by kindredspirits at 2005-10-03 16:49
cawa-miuさん
ちなみにフィンランド語では3月は何て?
予想もつかないような言葉が待ってたりして!

ううう・・、過ぎ去ってみると今年もあっという間で・・・ううううう。
Commented by kindredspirits at 2005-10-03 16:55
ニクキュウさん
カールさん、とても貧しくて働きながら絵を勉強してたそうです。
画学生だった奥さんと結婚して7人の子供をもうけたそうで
子供たちがモデルな絵が多いです。
Commented by kindredspirits at 2005-10-03 16:57
Kさん
ピンポーン!!当たり~。
ネットのフランス語ツールで答え出マしただ。
ドイツとフランスでも売り出してる暦なのかもしれません。
by kindredspirits | 2005-10-01 20:32 | Favorite | Trackback | Comments(6)

日々の栞。。。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31